スリット式植毛とは、移植部位にメスで切り込み(スリット)を入れ、ピンセットを使い、グラフトを1株ずつ植え付けていく植毛法です。

現在、自毛植毛のゴールデン・スタンダード(世界基準)となっている植毛法「FUT法」もスリット式の一種と言えます。

スリット式植毛法の最大の特徴

スリット式植毛の最大の特徴は、移植毛の植え付けの穴をメスで切り込みを入れる植毛だという点です。このスリットによる植毛法がスリット式の名前の由来になっています。

また、従来は1株の単位を1本として計算していましたが、現在は毛包単位を重視した株分けを行うことが多く、スリット式もFUT法の一種と言えます。

特別な植毛法ではなく、スリット法をFUT法としているクリニックもあります。

そのため、以下植毛方法やメリット・デメリットは今ではほとんどFUT法と同様と言えます。

移植方法

ドナー採取 ⇒ 縫合 ⇒ 株分け ⇒ スリット作成 ⇒ 移植(5ステップ)

ドナー採取個所の髪を短く刈り込み、植毛する本数(株数)に合わせ、後頭部の毛髪部分を短冊状にまとめて切り取り、ドナー採取を行います。ドナー採取した箇所は皮膚を上下に引っ張り、ホッチキスや糸などを使い縫合します。

ドナー採取後、実体顕微鏡(マンティス)などを使い、1本毛、2本毛、3~4本毛などをマイクロ・グラフト単位までメスを使い株分けを行います。

移植部にメスで小さなスリットを作り、グラフトの性質に適した場所にドナーをピンセットで差し込んでいく自毛植毛法です。

何を持ってスリット法なのか?
一見するとFUT法とどこにも違いがありません。スリット法は従来1株の単位を1本として計算していましたが、現在は毛包単位を重視した株分けを行うことが多く、スリット式もFUT法の一種と言えます。

メリット・デメリット

メリット デメリット
費用が安い
切断率が低い
手術時間が短い
後頭部に大きな傷跡が残る
毛包を選べない
痛みが強い
方向・角度の調整が難しい
移植株に圧がかかる

メリット

  1. 費用が安い
  2. 切断率が低い
  3. 手術時間が短い

1.費用が安い

後頭部を短冊状に切り取り、一度にまとめて大量のドナー採取ができるので比較的少ない手術時間での移植が可能になります。手術時間が短いことは医師・患者ともに負担が少なく、料金が安い傾向があります。

2.切断率が低い

皮膚ごと切り取ったドナーを実体顕微鏡(マンティス)を使いながら丁寧に株分けを行うため、採取時に毛包を傷つけるリスクが少なく切断率は低い傾向があります。

3.手術時間が短い

「費用が安い」でお伝えした通り、一度にまとめて大量のドナー採取ができるので全体の手術時間が短縮されます。自毛植毛は移植にかかる時間が少ないほど生着率は高くなる傾向があるため、素早い施術は生着率の向上にも期待が持てます。短い手術時間は患者の心身への負担も少ないと言えるでしょう。

また、スリットの幅によっては1度に多くの毛包を埋め込むことができるのでそれも時間短縮に繋がります。

デメリット

  1. 後頭部に大きな傷跡が残る
  2. 毛包を選べない
  3. 痛みが強い
  4. 方向・角度の調整が難しい
  5. 移植株に圧がかかる

1.後頭部に大きな傷跡が残る

後頭部を皮膚ごと切り取るので縫合の際に後頭部に一文字の大きな傷跡が残ります。髪が2~3cmも伸びれば十分隠すことはできますが、縫合した箇所の毛髪は生えてこないため、傷は生涯残ります。ただし、近年ではトリコフィティック縫合法をはじめとする傷跡を最小限に抑える縫合方法もあり、大きなデメリットではなくなりつつあります。

2.毛包を選んで採取できない

ドナーをまとめて採取するため、毛包を一つ一つ選ぶことはできず、健康な毛包、不健康な毛包が混ざり、一定の品質を保つのは難しい傾向があります。採取スピードは早いですが、一つ一つの毛包の品質という面ではFUE法に劣る場合もあります。

3.痛みが強い

手術中は麻酔が効いているので問題ありませんが、後頭部を大きく切り開くため、術後の痛みは比較的強いと言えます。

4.移植毛の方向・角度の調整が難しい

穴(ホール)の形成にメスを使うため、移植毛の方向や角度の調整が難しいというデメリットがあります。

また、ピンセットで移植を行うため、移植株を押し付けることで、毛髪の生着率が起きたり、毛髪の向きをコントロールするのが難しくなります。確かな医師の腕が必要になる方法とも言えるでしょう。

5.ホール部分を切除しないため移植株に圧がかかる

ホール部分を切除しないため、移植株に余計な圧力がかかり、抜けやすくなる場合もあります。


スリット式植毛についてまとめましたが、スリット式はどちらかと言うと、植毛手術の過程(植え付け)の一つの手法でもあり、採取時に後頭部を短冊状に切り取るクリニックや医師もいれば、FUE法のように一つずつくり抜くクリニックや医師もあります。

毛穴の作成時にメスを使いスリットを作り、ドナーを植え込むことを主にスリット法と言います。