パンチグラフト法は、植毛の歴史の始まりの方法でもあり、1960年代以降広く行われていた方法です。

直径4~5mm程度の特殊な円筒形のメスを使い、一度に20~30本程度の毛根をくり抜き、これを薄毛部位へ移植する方法です。

パンチ・グラフトの最大の特徴

パンチグラフト法の最大の特徴は20~30本の毛髪が束になっており、一つ一つのドナーサイズが大きいことにあります。

多くの毛髪が束になっているためドナーサイズが大きく自然と毛包単位移植になり、高い生着率や手術時間が短いなどのメリットはありますが、それ以上に密度が出せない、自然な毛流れを作れないなどのデメリットが多い植毛方法です。

パンチグラフトがミニグラフトへ、ミニグラフトがマイクログラフトへと技術の進歩があり、最近ではほぼ使われることのない植毛方法です。

移植方法

ドナー採取 ⇒ ホールの作成 ⇒ 移植

直径4~5mm程度の特殊な円筒型のメスを使い、一度に20~30本の毛髪を毛根ごとくり抜き、移植する方法です。

ドナーサイズは直径3~4mm、1株20~30本単位の束に切り分けられ、株分けしたグラフトをパンチやメスで作った毛穴に移植を行う植毛方法です。

メリット・デメリット

始めにお伝えしておくと、パンチグラフト法は誕生から50年以上経過している植毛方法で現代の植毛治療においてパンチグラフト法を選択するメリットはほとんどありません。

詳しくは後述していますがメリット以上にデメリットが多く、現在はほとんど使われない植毛方法になります。

メリット デメリット
手術時間が短い
手術が簡単
生着率が高い
密度が低い
不自然な仕上がり

メリット

  1. 手術時間が短い
  2. 手術が簡単
  3. 生着率が高い

1.手術時間が短い

多くの毛髪(10本以上)をまとめてを採取・植え付けできるので手術時間は短い傾向があります。

2.手術が簡単

ポイント1同様、一度に多くの毛髪を移植できるので手術自体の手間も少なく、医師・患者ともに負担の少ない比較的簡単な方法だと言われています。

3.生着率が高い

一度にドナーをまとめて採取・植え付けができるので自然と毛包単位での移植になり、高い生着率を誇ります。97%というデータも残っています。

デメリット

  1. 密度が低い
  2. 不自然な仕上がり

1.密度が低い

グラフトが直径3~4mmと大きいため、採取部では傷痕が目立ちやすく、移植部では他の植毛部位同士が離れてしまい、隙間(地肌)が目立ちやすくなります。

2.不自然な仕上がり

10本以上をまとめて採取・移植するので毛髪一本一本の方向や角度に微調整が利きにくく、大雑把になりやすく、結果として毛の流れに沿わない不自然な見た目になりやすい方法です。

特に生え際など目に付きやすい部分は違和感を感じやすくなります。

パンチグラフトの歴史

1939年に日本の奥田医師により発表され、自毛植毛の概念が定着された、植毛の歴史的に見ても始まりの方法であり、1960年代以降30年近く広く行われていた方法です。

1990年代にパンチグラフトの短所を改良した「ミニ・グラフト法」及び「マイクロ・グラフト法」が開発され、事実上パンチ・グラフト法の役割は終わりを告げました。

植毛方法と植毛技術の歴史と変遷

植毛方法や植毛技術の進歩、その歴史を見ると植毛手術はスピードや生着率だけではなく、いかに仕上がりの美しさや自然さを追及してきているのかがわかると思います。