AGA(男性型脱毛症)の進行具合を確認するには、アメリカのハミルトン医師が作った薄毛のパターン分類を利用することで簡易的にチェックすることができます。

薄毛の症状の度合いを全9つのステージに分類したもので、現在の薄毛の進行度を客観的に判断することができます。

自身の薄毛の進行度を確認するとともに、適切な対策を見極めていきましょう。

ハミルトン・ノーウッド分類

ハミルトン・ノーウッド分類とは?
アメリカのハミルトン・ノーウッド医師がAGAの進行パターンを9つのステージに分類したもの。Vertex型は頭頂部も薄い状態のこと。
Ⅰ型
Ⅰ型:前頭部の生え際がM字型に後退し始めた状態

脱毛が始まっていない、または始まっていても気づかない段階。

Ⅱ型
Ⅱ型:Ⅰ型よりもさらに進行した状態

抜け毛が気になり始める頃で生え際から徐々に薄毛が進行していますが、見た目には分かりにくく、周囲には気づかれない、まだ隠せる段階。

ⅡVertex型
ⅡVertex型:Ⅱ型の状態に加え、頭頂部がO型に薄くなってきた状態
Ⅲ型
Ⅲ型:Ⅱ型よりもさらに進行し、頭髪全体のボリュームが少なくなった状態

生え際の後退・頭髪全体のボリュームダウンが目立ち始める段階。

ⅢVertex型
ⅢVertex型:Ⅲ型の状態に加え、頭頂部がO型に薄くなってきた状態
Ⅳ型
Ⅳ型:前頭部の生え際がⅢ型よりも後退し、頭頂部もO型に薄くなってきた状態

生え際から頭頂部にかけて薄毛が進行していますが、まだ前頭部と後頭部の薄毛が繋がっていない段階。

Ⅴ型
Ⅴ型:Ⅳ型がさらに進行した状態

生え際から頭頂部にかけて薄毛が進行し、前頭部と頭頂部が繋がり始める段階。

Ⅵ型
Ⅵ型:前頭部と頭頂部の薄毛部分が繋がり、発毛部分が側頭部のみの状態

生え際・前頭部と頭頂部が繋がり、肌の露出が激しくなる段階。今後、横・後ろへさらに進行していく。

Ⅶ型
Ⅶ型:Ⅵ型が進行し、側頭部の毛量も減ってきた状態

全体的にかなり進行している段階で、僅かに髪が残っているだけ。

AGAの進行レベル

第一段階:Ⅰ型・Ⅱ型・ⅡVertex型

Ⅰ型・Ⅱ型・ⅡVertex型は自分でも気づいていないレベル~自分では気づいているがまだ隠せる段階の人も多いです。抜け毛が気になり出す頃で、放っておけば今後AGAは進行するため、早期対策を始める必要があります。

第二段階:Ⅲ型・ⅢVertex型・Ⅳ型

第一段階よりさらに薄毛が進行した段階で隠すの困難になってくる頃です。人の目線が気になり、カツラ・増毛の利用者が増えます。AGA治療が必要になり、放っておけば数年で次の段階Ⅴ型に移行します。

第三段階:Ⅴ型・Ⅵ型・Ⅶ型

一目で薄毛だとわかるレベル。
このレベルまで進んだAGAは発毛が難しく、カツラやヘアコンタクト、植毛手術での対応に限られてきます。

進行パターン

□ハミルトン・ノーウッド分類の進行パターン

AGAの脱毛の進行パターンは人それぞれで、前頭部・生え際からM字型に脱毛していくタイプと頭頂部からO字型に脱毛していくタイプに分かれます。また、この複合タイプもあり、同時に進行する場合もあります。

自分の薄毛具合を確認する方法

方法は単純で、携帯やスマホの写メを使って自分の頭を撮影してみましょう。

大丈夫だと思っていても改めて見ると「やばいかも」と感じることもあるので、覚悟して臨んでください。生え際や前頭部は見慣れていますが、普段なかなか見ることの頭頂部は予期せず進行している場合もあります。ほとんどの方は気になり出してから確認するので想像よりも薄毛が進行していることの方が多いです。

撮影した写真(現実)はしっかりと受け止め、自分が上のハミルトン・ノーウッド分類でいうどのステージにいるのかを把握しましょう。

現実を直視できず、受け止められない人も多く「自分はまだ大丈夫」「進行は軽い方」と言い聞かせてしまう方も多いです。

私自身も薄毛に気付いたときは人の状態が気になり、自分より進行した人を見て平静を保っていましたが、こんなことをしていても意味はないので早期対策・早期治療に取り掛かることをおすすめします。

どうしても気になる場合はAGAクリニックなどに出向き、カウンセリングや相談を受けてみるとより正確に現状を把握することができます。また、薄毛の進行度合いによって医師のアドバイスを受け、適切な治療方法を選ぶこともできるため、気になったらクリニックのカウンセリングに訪問することをおすすめします。

管理人の場合は?

症例として、管理人の事例を紹介すると、クリニックでカウンセリングを受けた際の診断では、Ⅱ型とⅢ型の間と言われました。

□手術直前

私の場合は、上のⅡ型の様に生え際が著しく後退しているわけではないものの、密度が減り、毛髪が細くなっていたため、ボリュームダウンにより薄くなっているような状態でした。

植毛はどの段階からが適切?

様々なサイトでⅣ型までは育毛剤でⅤ型から植毛手術と紹介されていますが、その根拠はどこにあるのか示されていません。

実際にクリニックでカウンセリングの際に聞きましたが、Ⅰ型の段階でも植毛手術を受ける方はいます。結局のところは個々人の懐事情や悩みの度合いにもよるので「このタイミングがベスト」というタイミングはありません。

Ⅰ~Ⅱ型だから早いということはないので、今後薄毛の悩みから解放されたいという方は早期の植毛手術は有効です。薄毛は薬では防ぐことはできないので(進行を遅くするだけ)、基本的には進行し続けていきます。そのため、早期に対策をするか否かです。どの段階で受けても問題はありません。

ただし、移植していない部分はAGAが進行する場合もあるので移植部と移植していない部分で髪の毛の生え方に違いが現れる場合もあります。そのため、ある程度進行した後に植毛手術を受ける方も多いです。

この辺りは個々人の悩みの度合いにもよる部分なのでよく考えて決断すると良いでしょう。また、迷われたときはまずはカウンセリングを受けて、相談してみるのがおすすめです。薄毛対策は自分で判断して始めることもできますが、様々な治療法を検討する上でもまずはクリニックのカウンセリングへ出向くのがおすすめです。

何にしても薄毛対策は早急に行った方が効果が出やすいと言われています。AGAは進行ステージが進めば進むほど通常のAGA治療での回復や克服が困難になると言われているので少しでも気になったらなるべく早くできる対策・治療からでいいので始めてください。