自毛植毛を受けるなら人気のクリニック、つまりは症例数の多いクリニックで受けたい。この「みんなが受けているクリニック」というのはこれから植毛手術を行う人にとっては安心感がとても高いです。

論より証拠ではありませんが、あまり自毛植毛を受ける方の少ない(人気のない)クリニック、症例数の極端に少ないクリニックは「腕がいい」と聞いても不安に思うものです。どうせなら人気のクリニックで受けたいというのは誰しもが考えることだと思いますし、「自分以外にも色々な人が受けている」というのは何となく安心します。

植毛クリニック選びで迷ったときに「人気のクリニック」「症例数の多いクリニック」「みんなが受けているクリニック」を選びたいと考えている人におすすめの人気の大手植毛クリニックを、症例数を基準にランキングで紹介します。

実際に私が自毛植毛を受けた時にクリニックで体験者の口コミを拝見しましたが、この「実績(症例数)がある」というのは選んだ理由としてあげる方が非常に多いです。

みんなが受けている人気・症例数の多い植毛クリニックランキング

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニック

全国4都市にクリニックを構え、常勤医師が10名以上、症例数は業界No.1クラスの20000件以上にも及びます。2014年の矢野経済研究所ヘアマーケティング総鑑のデータではシェア率が60%を超えており、自毛植毛体験者の6割が選んでいると言われる人気・症例ともにNo.1の植毛専門クリニックです。

AGAルネッサンスクリニック

ルネッサンスクリニック

全国4都市にクリニックを展開しており、症例数はクリニック全体で17000件以上。植毛のみならず投薬によるAGA治療・メソセラピーも取り扱っています。ロボット植毛として有名なARTAS(アルタス)植毛では世界一の症例数を誇り、ロボット植毛を希望する人に最適な植毛クリニックです。

ニドークリニック

ニドークリニック

1975年から植毛に携わり、グループ全体での症例数は15000件を超えています。ニドーグループ全体で全国7院を展開しており、店舗の展開数は植毛クリニックの中ではNo.1クラスです。知名度の高いクリニックであり、比較的全国どこでも施術を受けやすい植毛クリニックです。

人気・症例数で選ぶなら「アイランドタワークリニック」

薄毛対策・薄毛治療に自毛植毛という選択肢を考え、自毛植毛について調べ始めた方であれば、名前を聞いたり、目にする機会も多く、このクリニック名をご存じの方も多いのではないでしょうか。

自毛植毛と言えば「アイランドタワークリニック」と言っても過言ではないほどに自毛植毛において知名度が高く、症例数もNo.1の人気植毛クリニックです。実際に私自身が自毛植毛手術を受けたクリニックでもあります。

アイランドタワークリニックは公式サイトにも書かれている通り、症例数は20000件を超える日本No.1クラスの実績を持つ植毛クリニックです。日本で自毛植毛を受ける方の60%が選んでいるクリニックとも言われ、実績がズバ抜けています。「自毛植毛を受ける6割の方が受けている」というこの「みんなが選んでいるクリニック」というのは植毛クリニック選びで大きな安心感を得られます。

症例数において他植毛クリニックと比べ頭一つ抜きん出ており、クリニックもその強みを前面にアピールしています。人気・症例数など植毛を受ける方が一番選んでいるクリニックで自毛植毛を受けたい方にはアイランドタワークリニック一択と言ってもいいかもしれません。

私自身も自毛植毛を受けたクリニックなので自毛植毛の体験談・症例として参考になるのではないかと思います。

「症例数が多い=腕がいい」ではない

症例数の多さで植毛クリニックを選ぶ際に一つ注意して欲しいのは必ずしも「症例数が多い=医師の腕がいい」とは限らないということです。また、症例数が少なくても人気のある体験者から支持される植毛クリニックもあります。

症例数の多さはある程度クリニックの規模に比例します。全国展開しているクリニックであれば、一つの院だけで施術を行うクリニックに比べれば症例数は多くなるのは当然のことです。

また、全国展開しているということは最低でもクリニック数分だけ医院長がいて、医師がいるということです。すべての患者の施術を一人の医師が行っているわけではないのでクリニックによって多少のスキルの差がないとは言えません。その点で一つのクリニックで一人の医師が全患者の施術を受け追っているクリニックなどは腕・実績ともにそのクリニックと言うより医師の実績であり、高い信頼を置けるかもしれません。

ただし、症例数の多さはそれだけ施術数の多いことでもあるので、当然医師の経験値は高いですし、多店舗展開しているクリニックは多くの症例をもとに改善やスキルアップなど情報を共有できる強みもあります。

どちらがいいのかは何を重視するのかでも変わりますが少なくとも「症例数が多い=腕がいい」というのは絶対ではないのでその点は注意してください。